スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

すなぐの夏の旅行2日目!!

おはようございます。すなぐです。

「音楽」というブログのジャンルで旅行記を投稿してます、はいw

今日も4泊5日島根鳥取の旅ということで、世界遺産である、石見銀山を観光し、出雲大社を参拝して松江市内のホテルで書いてます。(音楽どk(ry

タバコ吸わないのになぜか喫煙席で愕然としていますが(やっぱり部屋はくさいですよ)

今日も旅行記的なのを書き連ねていきたいと思います。


倉敷05:45発 伯備線 米子行。その後は山陰線を乗り継いで大田市に11:58到着。

バスで大森代官所前というバス停で下車。

大森地区を延々と歩きました。

ここは石見銀山は戦国時代に発見(厳密には再発見らしいですが詳細はggってください)されて以来鉱山の町として栄え、戦国~江戸に至る武家の屋敷を残している町並みです。


その後大森地区の奥にある銀山地区へ向かいますが、歩いて45分かかるということなので、途中で自転車をお借りしました。銀山地区の坑道(間歩と呼ばれます)で唯一随時一般公開されているのが「竜源寺間歩」で、全長600mあるらしいですが、狭く、落盤も起きているため、150mほどが公開されています。


実際は言ってみると中はひんやりしていて今までの外の暑さとは大違いでした。
坑道はとても狭く、人がすれ違うことすらできないため、一方通行になっています。

※「大森地区」から「竜源寺間歩」までは上り坂が2kmほど続きますので真夏に行くには自転車でも徒歩でもかなりきついです。その代り間歩の中はとっても涼しかったですね。

その後も公開されている武家屋敷である建物や、銀山資料館、世界遺産センターなどを見学してからバスで大田市駅に戻ります。

世界遺産として観光地となっている石見銀山ですが、ほかの一般的な観光地とは異なった「静けさ」を感じ、とても印象的でした。

大田市駅から山陰線で一路東へ向かい、出雲市駅で下車、バスで出雲大社に向かいました。ついたときにはすでに日は傾いていて日没間近でした。


何とか日のあたっているうちに参拝することができました。


大きな注連縄で有名な神楽殿

夕方に行ったおかげかもしれませんが、数えるほどしか人がおらず神聖な場所にふさわしい雰囲気が出ていたように感じました。昼もいいかもしれませんが夕涼みぐらいの時間帯に出かけるのもありかもしれませんよ。(ただし、明かりが少ないためいったん暗くなってしまうと足元が見えなくなり、少し危ないです)

今までに鶴岡八幡宮(鎌倉)や、京都の寺社仏閣、伊勢神宮そして今回の出雲大社と、多くの神社やお寺に行ったことがあるのですが、観光資源として開発されている京都や鶴岡八幡に比べて、
伊勢神宮や出雲大社というのは神社周辺の鎮守の森に神聖な地帯であるのにふさわしい雰囲気を醸し出しているように思います。

参道を歩いているうちに少しずつ自分をその気にさせてしまう不思議な力があるのではないでしょうか。


明日は日本神話にも出てくる加賀の潜戸(くけど)、鳥取砂丘を回ろうと思っております!!

では~
スポンサーサイト
Date: 2013.08.11 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Snug~すなぐ~

Author:Snug~すなぐ~
とある吹奏楽団に所属しながら作曲する
行き当たりばったりなボカロp。

今やってるのはトランペットやトロンボーン。
大学生。

ツイッターで活躍中。

個人サークル「The Creative Circle WAVE」に所属しております。
WAVElogo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。