スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

すなぐの夏の旅行3日目!!

おはようございます。すなぐです。

今日は島根県の加賀の潜戸という海食洞と、鳥取砂丘に行ってきました~




今日は朝早く起きてしまって寝付けなかったので朝散歩してきました。松江駅から松江城を往復しましたが、帰ってきてみれば5km近く歩いてましたね~~(笑)

2時間ぐらい歩いてました。


その後、バスを乗り継ぎ一路北へ。日本海に面している島根町へ向かいます。

加賀の潜戸(くけど、と読みます)というのは2つの洞窟からなっていて、片方は仏教的な伝説の残る旧潜戸、もう一方は日本神話の伝説の残る新潜戸と呼ばれているそうです。

船に乗り日本海を出ると、小型漁船くらいの遊覧船が大きく揺れました。(軽く酔いましたw)

まず初めに旧潜戸のそばに設けられている岸壁につき、船を下りて洞窟に向かいます。


ここは賽の河原と呼ばれていて、幼くして先立ってしまった子どもの魂がここに集まって親不孝をしてしまった自分の親のために石をつみ、来世を待つ場所とされています。完成すると鬼がやってきて壊してしまうのですが、地蔵菩薩がやってきて子供たちを救い、朝になると積み上げられた石は元通りになっている、というものです。

旧潜戸の中は無数の積み石があり、花束やおもちゃなどが置かれ、神妙な雰囲気を醸していました。

新潜戸のほうは常に海に浸かっているため、船でそのまま入りますこの潜戸には日本神話にある多数の伝説が残されています。猿田彦命の御誕生地、棋佐加比売命の弓の話、そのほかにも付近には神話にある高天原と伝えられている場所など、多数の名所があります。

その後は山陰本線を京都方面へ、鳥取にむかいました。
鳥取駅からはバスで砂丘に向かいました。

着いたーーーーー!!!


いやー広いですね。びっくりしました。

こんな場所日本のほかにないですよ。(当たり前)

まあ本とかネットの写真とかで見るには見ていましたが、百聞は一見に如かず。ぜひ行ってみることをお勧めします。

明日は城崎温泉で外湯巡りをした後に天橋立に向かいます。

では~ノシ
スポンサーサイト
Date: 2013.08.11 Category: 日記  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

-

Date2013.08.20 (火) 13:18:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

snug~すなぐ~

Date2013.09.04 (水) 21:45:29

こんにちは。

しばらく留守にしてしまって申し訳ありません(汗

投稿当時は旅先で疲れていたので後日…と思って放置してしまいましたw

自分の本業(の趣味)は吹奏楽であったり、DTMのと使用した音楽の制作なので、「旅」的な要素は中心に据えるつもりはあまりありません、ごめんなさい。

ちなみにカメラの機種はCanon社のA2200です。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Snug~すなぐ~

Author:Snug~すなぐ~
とある吹奏楽団に所属しながら作曲する
行き当たりばったりなボカロp。

今やってるのはトランペットやトロンボーン。
大学生。

ツイッターで活躍中。

個人サークル「The Creative Circle WAVE」に所属しております。
WAVElogo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。